【ごめん、Windows環境下限定!】このサイトのフォントを懐かしの「MSPゴシック」にしてみた

インターネット老人会に届いた一通の書簡。それは我が会に根本的な疑念とある興味深い事象への探求心をもたらした…そう!!昔のサイトはフォントが違ったはずなのに、いつの間にか慣れてしまって昔が思い出せないじゃん!!そんなわけで中の人の技術力とともに『MSPゴシック』、はじめました。終わりなく続く中東紛争、世界ではまだたくさんの恵まれない人がいるけど、『MSPゴシック』、はじめました~。

記事を読む

【今更実体感してみる】懐かしFLASH「赤い部屋」に行ってみたでござるの巻

平成も終わろうというのに「こんなサイトまだ行っていない」ってのは結構多い。「人一人が体験できることの限界」をネットはまざまざと見せつけている。今あるWikipediaの項目を全部把握するのは難しいだろう。そんなわけでインターネット老人会のハッシュタグ見たら結構数目にすることが多い「赤い部屋」に行ってきた。ついでに青い部屋や水色の四角がいっぱいある部屋のこともなんか思い出した。そして疲れからか、黒塗りの乗用車に追突してしまう。後輩たちをかばい、懐から手にしたロケットランチャーで暴力団員・谷岡を吹き飛ばした三浦は過剰防衛にあたりますか?最強の弁護士集団が下した答えはCMの後で!!

記事を読む

【長寿番組の危機だしね】君はよく頑張った、「笑っていいとも資料室」見事なグランドフィナーレ

「…と!その時」長寿番組の危機!!というわけで長寿番組になると昔はつきものだったのが「ファンサイト」。個人ファンサイトで「笑っていいとも」のファンサイトなんてマジでガチであったのだ。もちろんテレフォンショッキングリスト全部付き。驚嘆せざるを得ない!!あまりに膨大過ぎてここっから山口メンバーは探しきれなかった…多分いると思うんだ…。ここは、リストを完成させ、幸せなリタイアメントを迎えたファンサイトです。

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【今だからこそ振り返ってみよう】田代まさしの最初の逮捕が当時本当に意外だった件

いやーこないだはびっくりした。あの日は夕方から入用があってネットとか見る暇なかったのよねー、さて今日は土曜ですが明日になったら「・・・と!」なあの番組が「・・・そこで!」あるじゃないですか、何をやるんだろうか…またスーツ姿で生放送のお詫びかあ(※おそらく考えうるなかで)…。そんなわけでネット黎明期に「あんな事件」と言えばこの人でしょう。本当に若い子には想像つかないだろうなあ、逮捕前のイメージ…。

記事を読む

【インターネット死語の世界】バザールでござーる、ISDNはじめちゃん!死語の世界へようこそ

ネットの言葉には流行り廃りがある。死語もいっぱい増えた。いくつか『うわ、そういやそんな言葉あったなー』というやつをちょこちょこ書きためてみましょうか。さてそこでクイズ、「漫画村」は何年で死語になる?…うーん、経験則で2年くらいでFA(死語)?切込隊長(死語)、ぜひ見解キボンヌ(死語)。そういや「Winny」(死語)なんてのもあったなあ…これからも山崎渉を応援してくださいね(死語)。

記事を読む

【老人会らしい話題を】老人になると騙される確率がなぜ上がるのか実体験で語るの巻

久々にネットにスゲーのが現れた。おそらく10年後には「ヒカキン懐かしー」と一緒に「漫画村懐かしー」となるんだろう。A●●tubeを道連れにし、挑発発言を繰り返した彼のことはきっと忘れないだろう。自分のバンドでやってる曲で2年前に「でたらめも間違いも ハナっからのキチガイ沙汰も 正しさで塗りつぶされる そんな時代さクソッタレさ」って歌詞書いたんだけど、例のツイート群ってまさにこの通りよね。正しさで塗りつぶせば何でも許されると信じている輩は、本当に距離を置きたいもんです。

記事を読む

【ライティング業務とはいったい何なのだろう】文章を考える人の正気を疑った懐かしい迷惑メール

「迷惑メール」もGmailの時代になってからとんとのぞくことがなくなってしまいました。いや、ある意味SNSの通知とか、登録した転職サイトの通知とかが迷惑メールかなあ…。ネット黎明期から、ガラケー円熟期にかけて「業者ももうどこまで進化するんだ?」と思わせた名文が昔沢山あったなあ、と振り返ってみます。オオアリクイは「アナコンダ」バージョンもあったような気がします。いずれにせよ夫は殺されます。金持ちの未亡人…現実で真っ先に想像したのは「デヴィ夫人」だよ…。

記事を読む

【今月も見ておこう】ツイッターランドの #インターネット老人会 ハッシュタグ巡回

インターネット老人会ポータルサイトも、もっと昔風にしてみようかとか考えるところはあるんですよ。テーブルタグセンタリング600ピクセルで、背景は黒で真っ赤な文字でやたら縦長い日記が売りで…あ、中国あたりの面白い情報をどっかから仕入れて面白おかしく書けばいいっしょ!!え?何?今日本の方が国力も技術も追い抜かれてる?がーん…。いや、その辺マジでそう思う。今月のハッシュタグ監視はこんな感じでーす!

記事を読む

【Web1.0時代個人サイトの実例】別にヒットもしていない俺が作ったサイト「日本ラりらリ新聞」

昔のサイト、昔のサイトを探そうー…っと。ばかりしてないで自分のHDDに目を向けよ。昔作ったサイトの残りがあるんじゃね?というわけで、実は「こないだまでアットページに残ってたサイト」を改めてアップしなおしました。実は、古い放置サイトの実例を紹介しようと思ってたらアットページ終了を初めて知ったのよね…。いやー、あれにはビックリした。昔のサイトっつーのはこんなもんばっかです。消えていったものも多いでしょう。これは、まあなんというか夢の残骸みたいなものです。

記事を読む

【まだ「P」も「歌い手」もいなかった頃のネット音楽史】懐かしい!ネットを彩った数々の「電波ソング」たちの数々

今日はいにしえのインターネット用語「電波ソング」のお話をします。…ん、まあ電波出てそうな…要は、「変な曲」をざっくりくくったワードのことである。ギャルゲの主題歌から個人まで数曲。それにしてもなぜ今更「ワロタピーポー」?遅きに失したあの曲も一応紹介しておきます。それにしてもいまや音楽家と言えばPV作ってナンボの世界になりましたねー。黎明期からは考えられないものです。

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル大広告