【タモリ倶楽部でも紹介された人】世界中の面白地名を歩き回るあの人はまだまだ健在!!

地図帳に載ってるバカ地名に実際に行く人

 そうなのである。チャレンジ系のサイトはこうでなくっちゃ、の見本のようなサイトなんである。世界を股にかけて珍地名に行って写真撮ってくるチャレンジ、の先駆けである。あんきょのホームページ(コチラ)。


うむ、何も変わらないシックなデザインだ。

世界が相手のスケールのデカさ

そう!!このサイトの珍地名制覇は「世界が相手」なとこなのだ!!

「制覇」の文字が眩しい!!

フルチーンも

チンボテも眩しい笑顔で制覇!!

タモリ倶楽部でも紹介されてました

 実はこのサイト、「タモリ倶楽部」で紹介されておりました。ちょうど写真のチンボテに行った話なんかをしていた記憶。「漁港というか、割と大きな港町でしたねー」とか。
 管理人さんは普段は会社員をやられていて、休日は全部この趣味に充てているとのこと。
 別コンテンツでは、普通の旅日記なんかもある。

 このサイト見返しに来てひとつ思ったことがあるんですよ。
 「あ、この人本当に珍地名の旅行自体、商売っ気もなく好きで趣味でやってるんだなあ」
 って。
 サイトのデザインとかいじる気ないと思うのですよ。旅行の方が楽しいだろうし。

 正直「ざざむし」みたいにバリバリのCSSデザインになっているかなと思い、デザインが変わっていないのを一瞬見て身構えてたんですが、まだまだ更新が続いてる様子にホッとしました。

ところでなぜこのサイトを思い出したか?

 中の人との編集会議で

ニシジマオ
今、漫湖の土手の辺りに関わる仕事をしています…
中の人
んもー、くだらなっ!!
 ところが中の人の知り合いが、ちょうど沖縄に旅行に行くとのこと!!ということで写真を戴いた。

 なお俺の方からは守秘義務というのがあるので漫湖に関する情報は一切教えられないが、地元民情報(※芸能通クイズの沖縄のお客さん)によると以前は環境が悪くかなり匂いがきつかったそうである。

 「漫湖」はやはりラムサール条約で保護されるくらいの大事な湿地帯だけに、デリケートゾーンだ。工事が行われているのは清潔さを保つために必要だからだろう。

 カニのオブジェは謎だ。

 那覇市民の憩いの公園なのである。

 若干雲の形が不穏なの、気にしなーい!!

認定サイト名
あんきょのホームページ
http://ankyo.rulez.jp/
スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告