【お前…生きていたのか!】朝目新聞は健在だった

ランキングサイトにいつもいる「朝目新聞」

Web1.0サイトをやってた時、ランキングサイト上位のサイトと言えばこの名前を目にした回数は多かった。アクセスカウンター業者による集計、こまめにチェックしてたなあ。そんな中でこのサイトは
「原哲夫が描いたドラえもん」だの。
「ジョジョ風のドラえもん」だの。
そういったものを読者から集めたポータルサイトとしてたいそう繁盛をしていました。2002年開設。ADSLの普及と同時に画像が出やすくなってから始まったサイト、ですね。
まだPixivもなかった頃です。懐かしい。自分にはハマらなかったけど。

自分は自分のサイトがあって大変だったのだ。

絵描きは誰もが最初に「リアルドラえもん」を描くものだ

管理人のおれなのだが絵をたしなむ。あ、「ここで広告しておかなくていつするの?」「今でしょ」微妙に中途半端に古い流行語を挟むのはツライ。

(※信じられないかと思いますがチョコレートです)

どんこさんのチョコレート
こんなブログ(も)やってます。こっちは週2更新です。地味にテレビの取材が来たり稲川親方が来たりinstagramにもたまに写真を上げています。
…さて話を戻して。人は画力が上がったと己に過信をするとき、必ず通る道があります(※自分調べ)。それが

リアルに描くドラえもん!!こんなん十何年ぶりに描いたわ!!

どっこい生きてる朝目新聞

びっくりしてしまった。普通に検索したら、出てきてしまったのである。
本当に。(現役の朝目新聞のリンクはコチラ
これは、すごいことだと思う。継続は力なりではあるが、あのコンテンツを維持するために10数年間、いろいろ頑張ってるのひしと伝わる。なんか広告めっちゃ貼ってある。でもCSSへの対応はそううまく行ってないのかどこかしこに「Web1.0臭」がするデザインである。でも、これは凄い。最終更新日今月だし。やってることも変わってない清々しさ。

やっぱり、コンテンツは終わらせたらダメなんだ。続くことに意味はないとか、考えちゃいけない。…といいこと言って終ろうと思っているが、流石に…いや絵描きは絶対

これ通る道だから!!
45にもなってこんなもの描く羽目になるとは…

認定サイト名
朝目新聞
http://www.ne.jp/asahi/asame/shinbun/
スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告