インターネット老人会認定サイト一覧

【西城秀樹追悼】主水、ヒデキ還暦カウンターを探す

そういやさ、西城秀樹さんこないだ亡くなりました。偉大な音楽家でし…ん?管理人の心中に懐かしサイトの記憶が!あーっ、あったあった「ヒデキ、還暦カウンター」!!そういうわけでその後を追跡してみた。あ、そうそう再開後の見出しとかタイトルはしばらく「必殺仕事人」のサブタイトル風に統一しようと思っています。理由は今再放送見てハマっているからです。これ以上の理由なぞいるか!!

記事を読む

【長寿番組の危機だしね】君はよく頑張った、「笑っていいとも資料室」見事なグランドフィナーレ

「…と!その時」長寿番組の危機!!というわけで長寿番組になると昔はつきものだったのが「ファンサイト」。個人ファンサイトで「笑っていいとも」のファンサイトなんてマジでガチであったのだ。もちろんテレフォンショッキングリスト全部付き。驚嘆せざるを得ない!!あまりに膨大過ぎてここっから山口メンバーは探しきれなかった…多分いると思うんだ…。ここは、リストを完成させ、幸せなリタイアメントを迎えたファンサイトです。

記事を読む

【Web1.0時代個人サイトの実例】別にヒットもしていない俺が作ったサイト「日本ラりらリ新聞」

昔のサイト、昔のサイトを探そうー…っと。ばかりしてないで自分のHDDに目を向けよ。昔作ったサイトの残りがあるんじゃね?というわけで、実は「こないだまでアットページに残ってたサイト」を改めてアップしなおしました。実は、古い放置サイトの実例を紹介しようと思ってたらアットページ終了を初めて知ったのよね…。いやー、あれにはビックリした。昔のサイトっつーのはこんなもんばっかです。消えていったものも多いでしょう。これは、まあなんというか夢の残骸みたいなものです。

記事を読む

【またしても休載記念!!】意外と話だけは進んでいる「HUNTER×HUNTER」

休載と言えばあれだ。このブログが3日間開いてしまったことに対してはいろいろ申し開きが立たないが、決してネタ切れではない事だけは書いておこう。ガチで体調悪かったの。休載と言えば…「ハンターハンター」か「喧嘩稼業」。そんなわけで富樫先生これからもがんばってください。父親と再会したところで終わっていれば…とか思うのは俺だけだろうか?クラピカ対旅団の決着つかないし、ヒソカがかわいそうだからやっぱ続いて正解か…。

記事を読む

【若者よ、これが元祖「まとめサイト」だ】健在なのが信じられない「HJK」こと「変人窟」

昔いろんなサイトのリンクページ見ると「あ、ここもこのサイトにリンクしてるんだー」と、多くのサイト運営者に愛されるサイトってのがあるわけですがこのサイトは久しぶりに覗いたら…まだまだ全然現役じゃない!!しかも昔と全く変わらない運営法で!!20年くらいこのスタイルが変わらないってちょっと超人的だと思う…いや、本人的には「いや~変わったよ?」って言われるかもしれないけど…。まあ十分変人です。若者よ、これぞクラシックスタイルの「まとめサイト」だ。

記事を読む

【怪しげな呪文の類がたくさん】老舗サイト「とほほのwww入門」の進化っぷりがヤバい

インターネット老害って知ってるかい?インターネット老人の一部には、「ホームページ?あそこのサイト見ながら作れば簡単だろ?」とか粋に流している老害がいるっていうぜ!今じゃウェブも荒れ放題、ぼやぼやしてると後ろからバッサリだ!どっちもどっちも!!…なぜ未だに「バクシンガー」が抜けない。そういうわけで今日は普通にそんな「あそこのサイト」こと超老舗サイト「とほほのwww入門」の紹介、「参る!」。(ボコーダー音声で)「ばくしんがぁー!」

記事を読む

【今日は月一のあの日】今日は「お父さんのための芸能通クイズ」3月分の成績発表のため休みます

今日は…なんだアレだ。月に一度管理人さんがネット上でめっちゃ忙しい日。そう!「お父さんのための芸能通クイズ」の月間発表の日だ。まあお休みと書くのは無粋です。サイトも覗いてみてください。なに、常連同士のいちゃいちゃが気に食わない?20年近くやってるからそこは勘弁してくれや。シーンス2001!!

記事を読む

【各企業様ご苦労様です】各社とも「これ以上のことをやれ」と無茶を要求された「アイレムのエイプリルフール企画サイト」

いやー、エイプリルフールの時期にこの記事書こうと思ってたけど見事にアットページにしてやられたわ、ぬかったわ。そんなわけでアイレムのエイプリルフールネタ、今年はどんなんだろ…え?5年前から消失してたの?うそーん。そういうわけでアイキャッチ画像は罰としてバクシンガー…に似ている人です。ウソをテーマだし、まあ合ってるだろ。

記事を読む

【インド人の心のヒーロー】「シャクティマーン」を広めたあのサイトはちゃんと残ってるよ!!

編集会議を終えた管理人は日々の疲れからか、商店街のインド人の人にチラシを貰ってしまう。550円でオススメカレーとナンのランチは安いというのに管理人が思い出した示談の条件は…「そうだ!インドだ!!シャクティマーンだ!!」インターネット黎明期にちょっとだけ話題になったインドではガチの国民的ヒーロー、シャクティマーン。なんと、2年前からリメイクが始まっているのだ!!映像も音楽も特撮も何もかも大進化していてマジでビックリだ。え?知らない?この際だから知っておきましょう!!主題歌も覚えよう!!(あー)シャクティマ~ン♪

記事を読む

【笑いの表現変遷史】(笑)を広めた首謀者・嵐馬破天荒氏は「草」を見てどう思うだろう?

(笑)っていつからあるんだろう?つか古くね?今は「草」一文字でよくね?いやいやwだって現役だよ?「笑いの表現」変遷史。でも思えば(笑)が出る前って何使ってたんだろ?…ひょっとしたら、そこに「イカス!」とかの流行語がはまってたのか?でももう昔のサブカル投稿雑誌とか捨てちゃったしな~。むさぼるように読んでたなあ、「宝島」が隔週刊で音楽雑誌だった頃…いや、本当にそんな時代があったのよ!!バブル!!

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル大広告