インターネット老人会認定サイト一覧

【芸能界は引退】君はいくつ覚えている?伝説のビッグマウス、押尾学語録

ファッキンライト!!98%ねつ造のお塩先生伝説の世界へようこそ。問題は2%は本物ということである。まあ言ってそうな感じはする。というわけでネット黎明期は怪しげなプロフィールマシマシ俳優として彗星のごとくデビューした男、そしてのちに覚せい剤所持で逮捕でほぼ芸能界引退状態。しかし芸能界には、こんなトリックスターがいて当たり前じゃなかろうか?押尾先生語録、サイトはまだ生きてるよ!!

記事を読む

【本格運用から1か月経ちました】「お父さんのための芸能通クイズ」だより

「何が知性だ!!」そんなわけで「お父さんのための芸能通クイズ」復活させてみてここの住人にネタ出しを頼んでみたら…相変わらずこいつらときたら…お前ら最高だ!!最高すぎてまともに使えるネタあんまねえじゃねえかよ!!…あ、いくつかはガチ採用します。おったのしみに。ところで友人から「あまり管理人さんの作家性は出さない方が…普通の人ならいいけど、(君は)クドいから」と注意を受けました。以後気を付けません。出んだよ勝手に!作家性が!!悩んでるうちに死ぬんだよ人間は!!(※嫁の死から学んだ)

記事を読む

【追う方が追われる方に】恐怖の追跡!うっかり有名になったら大変だ~

「恐怖の追跡!!」うわー!!久しぶりにド直球の懐かしサイト来たねー!!ってくらい、インターネット老人が最初にネット始めたころ。特にYoutubeなんてあるわけねえ時代に活躍してた人々にはマジで刺さるサイトだ。朝目新聞並みに「ワレ、生きとったんかい!!」と思った。死ぬほど思った。あ、ところで全く関係ないけど最近ようやくガルパン最終章1話観れました。爆弾低気圧のラムがお気に入りです。

記事を読む

【センバツ代表決定】老舗甲子園予想サイトは97年から!なお現役!!

「センバツ?」そう、インターネット老人会がセンバツに選ばれた。21世紀枠で。というわけで管理人、中の人…あと7人足りないじゃないか!!というわけで春の甲子園の選抜出場校が決まった、ということはあのいつものサイト見に行くか…あ、気が付いたら何年見続けてるんだこのサイト。デザインとか懐かしいにも程があるぞ!!

記事を読む

【タモリ倶楽部でも紹介された人】世界中の面白地名を歩き回るあの人はまだまだ健在!!

表稼業してたら久しぶりに思い出した。あー、「世界中のバカ地名回るホームページって昔あったよねー」…と。久しぶりに訪問して残っていた時の感動!という訳で書籍化もされ、タモリ倶楽部でも紹介されたあの人のホームページの世界。まだまだ現役です、この人。伝説の「パチンコガンダム駅」も行ってたんだ…(驚愕)!!そしてとっても危ない写真も掲載!!やっばい画像手に入れちゃったよ…グーグルに怒られるかな…。

記事を読む

【時刻表サイト眺め】君は長崎バスの凄さを知っているかい?【見ごたえ抜群】

「ナビターイム!」とか言ってないで。たまには地方のいろんなバス会社のサイトを眺めるのも楽しいもんだぞ。そんなわけでいろんな地方のバス会社のサイトを眺めて長崎に一時期在住してた自分が気づいた結論。…あれ?長崎バス最凶じゃね?多分競合の長崎県営バスユーザーだった中の人ともども共感する長崎バスサイトの楽しみ方!!中の人驚くだろうな、「長崎バス矢上に行ってます、県営バス最近滑石に行ってます」とか…。

記事を読む

【バズツイートのはしり】多くのネットユーザーの心に響いた「毒吐きネットマナー」

「いい大人たちが手さぐりで作ったマナー」…それが「ネチケット」だ!!実際のところ間違っていないと思う。最近では学校教育にも取り上げられているから若い層には全くぴんと来ない話かもしれないが。管理人さんも中の人も当然学校なんぞとうに卒業した後にネットが登場した世代だ。個人サイト時代、突き抜けた「ネットマナー論」をぶち上げた勇者が現れた…!

記事を読む

【ゲーセン不況に待ったをかけよう】まるでレトロゲーセン!「スーパー正男」のサイトまだまだ開店中!

レトロゲーマーはぜひ訪れて頂きたい。シックなデザイン(※このサイト独特の言い回し)とともに、力作のオリジナルゲームばかりが並ぶ桃源郷。…どっかで見たような、とかいう人は制裁っ…!遺跡発掘録ヒョウドウさんが制裁っ…!

記事を読む

【祝!カイジ24億獲得!!】「カイジ」はネット黎明期からいったい何日経っているのか考えてみた

インターネット黎明期のときから長期連載してた漫画をいろいろ考えた。ばかっ…そういえば個人ファンサイトも作られたといえば「カイジ」だろう。しかも「カイジ」の中のギャンブルを再現したゲームも作れるプログラマーがいたくらいだし…今もありますか?祝!!24億円獲得記念!!

記事を読む

【最終更新2017年】愛すべき家族ページ発見!!鈴木家に幸あれ!!【SINCE1998】

ホームページが、家族のアルバムだった時代。今じゃインスタグラムのアカウントを作ればそれで終わりかもしれないが、昔は個人サイトをわざわざ作って成長記録などをアップしたりしていた家族が、いっぱいあったのだ、いっぱい。さて、どのくらい生き残っているんだろう…うわわ、大発見!!

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル大広告