【まだ「P」も「歌い手」もいなかった頃のネット音楽史】懐かしい!ネットを彩った数々の「電波ソング」たちの数々

「自作曲をネットに上げる」だけでも、メジャーですら苦労した時代

 ネット黎明期はメジャーですら楽曲をネットに上げるという行為は
 「CD買ってくれなきゃ意味ないじゃん!おまんまの食い上げじゃん!!」
 そんなわけで、CDがバカ売れすれば億万長者になれた時代を引きづったメジャーどころが「ネットでの楽曲提供」を尻込みする中で、やっぱり「既存の音楽業界」から外れたところがイカれた楽曲を提供し、それがそのまま評判になることが多かった。これらは今やネット死語と化している「電波ソング」と呼ばれたものです。今日はそれらを、いくつか紹介してみましょうか。なおアイキャッチ画像はうちの近所のなんか電波出てそうな耳鼻科です。中はいたって普通の耳鼻科でたまに通ってます。中耳炎がすぐ治るので重宝しています。

まずは一曲目。「巫女みこナース」


 ギャルゲーが原点の電波ソング。なんと歌っている人は長い間匿名だったのを、2013年に突如カミングアウト。ネット上でのヒット自体がとても痛快でたまらなかったそう。してやられた感満載です。
 あ、ちなみにゲーム自体は「曲ありき」で凡百のギャルゲ、という評判、まんまでした。まー、タイトル倒れ上等のゲームでばっちりだよね。タイトルからして。

衝撃的歌詞「メイドさんロックンロール」

 こちらもギャルゲー由来の過激電波ソング。ギャルゲーソングは実はJASRAC管轄外になることが多く、実はアニメになるまでかのKeyの名曲AIR主題歌「鳥の詩」などもJASRACの蚊帳の外にいたため、サントラの入手はPCゲームショップやら同人SHOPやらでしか入手できなかった。

 これはもう本当に歌詞が衝撃的すぎて元のゲームが何なのか忘れてしまったくらい。調べろよ?いや、この時代こんなのいっぱいあったから忘れたよ!!「メイドインヘブン」というゲームらしいです。
 なお、アングラなアニソンコピバンやアニソンDJ界ではこの曲は定番です。

初めて出てきたネットのイカれた連中を揶揄する天誅「ハイエンド・オタク」

 日本語インディーズの中でも初めて、ネット世界を風刺した曲の中で最初に評判になった名曲。アーティスト名は「天誅」で、初めはサイトから直接ダウンロードする形で公表された。


 続作「頭狂アンダーグラウンド」ではさらに2ch用語が飛び交いネット黎明期の2chねらーのいまでいうSNS匿名アカウント並みのイキリっぷりを風刺・揶揄している。このさいFLASH全盛期であったためこの曲を使ったFLASHが大人気に。「純正インディーズによる大ヒット電波ソングメーカー」は間違いなく彼らが走りだろう。

モノホンの電波ソングにしてピュア・アンティオタキウス3世「黄色い救急車」

 多分ネット黎明期の音楽シーンにおいて「確信犯的色物電波ソングメーカーと言えば?」と問われたら現「レ・ロマネスク」と双璧を為した、アンティオタキウス3世。いつかサイトも紹介したい。

 その作曲スタイルも作詞姿勢も独特過ぎて追随するものが現れるわけもなく、最近は特定政治的思想にかぶれているのが惜しまれる存在なのだがナンセンスソングの数々は色あせることはなく今でも十分に堪能できます。

遅きに失しすぎたNMB48「ワロタピーポー」

 ようやくメジャーを挙げることにするが、はっきり言ってリリースが2017年。はっきり言えば遅すぎる。もう、「電波ソング」とかいう段階じゃない。もちろん「いまさら感」を狙ったのかもしれないが、セールスもそんなに芳しくはない。はっきり言ってそこを狙ったのであれば失敗作である。


 おまけにNMB48という看板を背負って出した曲でこの有様である。この看板を背負った限り、今まで上げた電波ソングたちを踏み台にして旋風的ヒットを飛ばさなければ、最低でもクオリファイとはいえないだろう。というわけで、申し訳ないが大失敗と言わざるを得ない。ついでに言うが「ワロタ」というネット死語は狙ったのだろうか?いろんな意味で残念な結果である。

カンリニヌスのバンドにはPVがない件

 そうなのである。管理人のバンド「宇宙サービス」はPVを一度も作ったことがない。
 今年で結成15年目である。40分くらいあるライブ動画ならあるけどなあ…。PV作るのにはお金と技術がいるのだが、その二つともに恵まれなかったのだ。そういう音楽家は実は結構いて、ライブハウスの現場じゃめっちゃ有名人だがネットじゃ無名、という人の大半がこれだったりする。たかがPV、されどPV。今度中の人に見積もり立ててもらおうかな…。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告