【本日ホワイトデーにつき】管理人さん涙目の「どんこさんのチョコレート」

懐かしサイトじゃないのは勘弁してほしい

 今日紹介したいのは、どんこさんのチョコレート(コチラ)というブログだ。管理人は自分だ。
 いやー、本来ならバレンタインデーに更新したいけどさ、ちゆの件があったじゃんよ!!
 今日はホワイトデー。当然だが愛する人にチョコレートのお返しをする日だ。
 管理人さんはちゃんと婚姻届も出した相手はいたが、今はもういない。

今日はごめんなさい、少し泣ける更新なのだ

 この俺がクソみたいなDV野郎だったとか、相手が突然「あなたみたいな人に価値なんてねえよ!」と出て行ったとか。そんな理由でもなく。…まあ、あんまり引いても悲しみが増すだけだ。死別だ。死因は、卵巣ガンだった。

 いまいち社会不適合者のこのおれに10数年付き合ってくれたお礼に、結婚したと思ったら3年後にこの病気が発覚。…まったく、俺はお人よしだからクソみたいに働いた。地獄の職場も経験したし、色々あったが…ある年のバレンタインデーに、嫁は牙をむいた。

お前、やる時はやるじゃねえか!!

 びっくりしてしまった。バカかと思った。

 この日以降、「もっと上手くなるために」と嫁はチョコを量産するようになった。
 今、考えたらそれまでの嫁から考えるとありえない事だったのだ。どこか斜めから自分を見て、「どうせ自分なんて…」って。しかし、このチョコに関する意気込みは全然違った。
 高い食紅を買いにアマゾンに行ったし、いろんな情報をネット上でも仕入れていたようだ。

姉にプレゼントしたチョコ。髪の毛細かすぎ!!あとこの赤色は見事!!

 しかし癌というのはクソみたいな病気だ。抗がん剤に対して逆に進化し、ついには彼女の持つ力を呑みこんでしまった。命日は2016年9月24日。

 彼女が2月、「これ以上の最高傑作は作れない」と言わしめたこれを作った7か月後に、俺に最期の言葉「今まで本当にありがとう!」という言葉を残し、この世を去ってしまった。享年39歳。あと2か月弱で40歳。本当に、悲しい思い出だ。

なぜ「ねこぢるうどん」を旦那が引き継いだのかスゲー気持ちがわかった

 実は、管理人さんは大学のゼミで「美術」を専攻して卒業できたので、実は絵描きとして
 「ふーん、チョコで絵を描くってこうすればいいのね、面白そう、やってみたい」
 とずーっと思っていた。
 嫁の遺品整理をしたとき、一番最初に思ったのが「チョコ道具どうする?」だったのだ。
 捨てられれば良かったかもしれない。でも、俺はバカだったので、ふと「作ってみよう!!」ってなったのを覚えている。
 最初の方は嫁の処女作より下手だった。

うむ下手だ。

 数を重ねるうち、少しづつ上手くなっていった。

 俺はバカではなかろうか?
 でも、彼女と自分の作ったワールドだけは、もう生きている自分しか今生ではわからない。思えば「ねこぢる」の山田花子女史が自死したとき、旦那の山野一氏が引き継いで作品を作る、という発表があったとき。「WHY?」ってなったけどさ、今ならわかる。夫婦だからこそ共有していた世界が壊れるというのは、とても悲しいことなのだ。

「ブログ読んだけど、悲しい気持ちになるだけじゃん」

 さて順調にチョコの腕が上達した俺。
 そんなある日、ある記事がバズった時、2chのあるスレでそう書かれた時はっと気が付いた。
 「あ!夢中になって作ってたけど、その視点なかった!!」
 …と。これはずっと、自傷行為をしているようにしか見えない。

 読者目線というのは残酷ではあるが、マーケティング視点から考えたら有益な意見でもある。このまま悲しみに沈みながら自傷行為的なこのブログ更新を続けるのか、と考えたら、そりゃいったん休止した方がいいと思うよね。
 というわけで半年くらい、このブログを休止。
 そして今に至ります。

 まあ、のんきに作ってます。やっぱりあれだ、絵を描くのは楽しい。原点に戻ったと思ったので再開しました。…が!!このサイト始めてから仕事が何軒か入っちゃって、チョコ作る暇がないという…。まあ、作る暇がなくなったら更新が滞るってのも、自然体になれた証拠だあね。正直、去年の今頃は何かに憑りつかれたような感があった(おかげで上達はしたけどね)。

改めて言う「老人」という言葉の重み

 「葬儀をきちんとした者には勝てない」
 これねー、リアル老人会の中でヒエラルキートップレベルです。ええ。これはイキっているんじゃないんです、実際に(※前遺跡発掘のバイトした時の体験をもとに)そうだったので。当事者は、本当にめっちゃ大変なんです。悲しみとか、覚悟とかを乗り越えた者の重みとかもあるし、社会的な手続きのアレをいろいろあの上でこなしたんだ…という重み。そういうのを背負ってるの、スンゲーわかります。逆にいうと、「重すぎて引かれる」。だから普段はこのサイト、アッハッハーな更新に徹しておるわけです。
 ちゃんとした、しかもけっこう年収貰ってるサラリーマンの友人にこの辺の話をしたとき
 「俺だったら、ひょっとしたら妻と離婚して逃げてるかもしれない…」
 と独白された時。うん、わかる。
 「俺去年くらいか親死んだけど葬式出なかったぞ、めんどくさかったから」
 と生意気な口きいた60代の馬鹿上司。流石に一度、俺はこいつをぶん殴ってもいいくらいの目に遭わせたよ。まあ、遭わせるだけにしておいてよかった。彼の怯えた目を俺は一生忘れはしないだろう。まああれ以上やってたら犯罪だったし、何より探偵ファイルの人がやってくるし!!(※来てほしいんかい!!)

とか言いながら管理人は基本クレイジーである

 4日前の更新見てみ?何が

 「ジョイ、優勝おめでとォッ!」
 だよ!!しんみり終わると思った?残念!助六でした!!

 にっこにっこにー、終わり!!

認定サイト名
どんこさんのチョコレート
http://jimadonko.blog.jp/
スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告