【長寿番組の危機だしね】君はよく頑張った、「笑っていいとも資料室」見事なグランドフィナーレ

なーんだ、今晩代替番組じゃーん!!

 ♪そーのふね(※以下JASRAC来るんで省略)と歌いながら正座待機してましたが

 そうか…「この度は大変お騒がせしました」はないのか…。
 でもこの番組も長寿番組だ。ネット黎明期は「長寿番組のファンサイト」というのは結構存在していて、まあたとえば時代劇「必殺シリーズ」にもデータベースサイトが存在している。今度紹介しようかな。
 だがネット黎明期の「データベース」で、このサイトほど「そんな昔からちゃんととってあるの!?」と驚嘆するものはなかったんじゃなかろうか?それがこのサイトである。(コチラ!

 デザインもシックすぎる。虹色のグラデフォントとか駆使しているところなんかは「個人サイト文明万歳!!」(※ここでタモさんが合図して)「チャチャチャ♪」と行きたいところだ。

「笑っていいとも!」というお化け番組

 かつて「笑ってる場合ですよ」という驚異的昼帯番組が誕生した、と書いたら信じないかもしれない。昼の時間帯に深夜バラエティー的要素を持ち込んだ、お笑い芸人が昼から躍動するなんて、革新的要素はとにかくふんだんにあった番組であった。が、あまりに革新的かつ過激すぎて2年で飽きられ、さらに
 「飽きられた後次の手をどう打っていいかわからなくなってしまう」
 という状況に陥ってしまった。そこで、次の安定的企画が誕生するまでの「つなぎ」がこの番組だったのだ。今じゃ信じられないと思うが、司会がタモリと訊いて当時小学生の自分ですら「つなぎだな、これは」と思ってたくらい。ちなみに当時タモリのポジションは、「旬が過ぎ切って、でも大御所には少し早いベテランお笑い芸人」だ。
 まさかこの番組が「テレフォンショッキング」で大当たりをし、大人気番組になるとはだれも思っていなかったし、この番組のレギュラーをきっかけにブレイクタレントを輩出する登竜門的存在になるとは、だれも予想してなかった。
 なお今の平日昼帯番組は、「笑ってる場合ですよ」以前に戻った感がある。ワイドショー、ドラマ、クイズ番組、トーク番組が主であった。特にクイズ番組は実は一時期隆盛を極めた。「ちびまる子ちゃん」でおじいちゃん(※アニメとは違い史実では意地悪な人だったとエッセイで書かれていた)が素人クイズ番組に出たエピソード、あれはまさにこの昼の帯番組で大人気だった番組である。なつかしー、「ベルトクイズQ&Q」。

テレフォンショッキング完全網羅とその日の感想という偉業

 インターネットが出来た時に「誰かがやるだろう」と誰もが思っていたはずの「テレフォンショッキングデータベース」。

 そして日々のいいともへの感想まで毎度更新、日曜日の「増刊号」のレポートまで毎回ついていた。はっきり言ってこれは「愛」だろう。
 しかし時の流れも、テレビを取り巻く環境も残念な方に流れていく。それにこのサイトは手打ちサイトである。更新はさぞ大変だったのではなかろうか。
 このサイト、実は何年頃か一度「休業」している。今でもよく覚えている、「これ以降のテレフォンショッキングの記録は、あなたたちがつけてください」という言葉…しかし!その直後くらいにいいとも終了のアナウンスが。

 最後の力を振り絞るように2014年、番組終了まで完走したような、最後まで愛する人の最期を見届けたような。その最後3ヶ月は、胸中いかがなものだったろうか…。

グランドフィナーレの書き起こしはもはや国宝級資料

 個人サイトでここまでやるか、ってくらいだったのだ。
 グランドフィナーレのレポートの力の入り方は本当に恐ろしい。というかあの日、フジテレビも、ネットも一丸になって燃えていたのを覚えている。
 恐ろしい数のスーパーゲスト。そして絶対やるだろうと思われたさんまとのフリートークコーナー「日本一の最低男」をありえない尺で長引かせるアレ。そしてなだれ込むスーパーゲストたち。中には、共演NGと言われた組み合わせが同じ壇上に並ぶというサプライズも起きた。

 愛のあるこのフィナーレのレポートはぜひ読んでほしい。あの日がの興奮が本当に蘇る。

 こんな幸せなリタイアメントをしたファンサイトは、本当に稀有だ。
 そしてここまで愛された番組があったことをみんな覚えていてほしい。あったころは、それこそ当たり前に存在していただけだったのにね。不思議なものです。そして一次創作者とすれば幸せな辞め時を迎えられたことに、少しだけ羨望のまなざしを感じるものです。

鉄の腕が疾走するあの番組は現在絶賛去就が未定

 「・・・と!その時!!」

 
ヤフーニュースにもあるように例の番組は絶賛未定のようだが、ここはベーシスト兼農家とか海の男な人なんて地方にごろごろいるから、オーディションで新メンバー入れたりしないかな~。知り合いのバンドマン…「ダイビングしてサメに背中を噛まれて生きて帰ってきた人」とか「溺れた子供を4人くらい服着たまま飛び込んで全員引っ張って岸に戻り助けて、県警に表彰された人」とか知ってます。あー、アカン、二人ともギタリストや!!



 あ、そういや元農協勤務のベーシストいるわ(動画のベース)。彼ら、全国流通版も出てますよ~。ザ・ボットンズ。是非ジャニーさん、このヘドロ(芸名)を引き抜きにかかっていただきたい!ちなみに彼は本業は近所のリサイクルショップ店員で、あの我が家の涙のエアコンを運んできてくれたのも彼だ。人望は保証します。

認定サイト名
笑っていいとも資料室
http://www007.upp.so-net.ne.jp/iitomo/
スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告