【キャー!個人情報抜かれちゃう!】意外にやれることなどないアクセス解析の世界

「アクセス解析入れてるよここ!IP抜いて悪さするつもりだ!!」

 個人サイト時代からブログまで、作ってきたおおむねのサイトには「アクセス解析」を入れてきた。

 中にはブログにサービスで一緒についているものも存在する。もう、当たり前のインフラだったりするのだ。
 時々匿名掲示板のスラングで
 ”ttp:”(要はURLの最初のhを抜く記述)
 を見かけたことがないだろうか。最近はもう見なくなった。むしろ使ってる方が恥ずかしくなってきた時代だ。これは、そういう「アクセス解析でIPを抜かれないようにする」「作者に盛りあがってる出元を知られたくない」という対策だったという。
 …まあ、色々言いたいことがあるがまずこれから言いたい。
 IPから個人特定する、暇がない。
 
個人サイトなんだからさー。それ作ってる間が脳内麻薬出てるわけ。それにフィッシングサイト作るんだったらアクセス解析どころじゃないようなもうちょっと巧妙な仕掛け作るよ!!そういう人々は!!

海神える先生のツイート見て思い出した

 アクセス解析。お客が何人来ただの、どっかに紹介されたら客がぶわーっとやってきたので一喜一憂。でも次の日は一過性であっという間に人が減ってしょんぼり。


 正直、これには振り回されっぱなしな気がする。
 しかし、なぜ人はアクセス解析を入れてしまうのか?
 IP集めとか正直どうでもいいよ!!単純にお客さんが「どの記事を見に来ているか」「どんなことを書いたら反響が来るか」を確かめている。
 そう、単純に営業リサーチ。
 先の章で述べた「h抜きURL」という、出元を知られたくないという親切心は正直「有難迷惑」だった。「え?何でこんなにアクセス上がってんの?」なのに出元がわからないのは好意的なのか悪意的なのかどちらかかわかんないじゃん!!そういうわけで今の「短絡URL」、スンゲー迷惑してます。

最近はネット上に実名でいると社会的信用が高まる

 自分は顔出しのバンド活動をしているうえ、FACEBOOKにもいるので本名なども上手くすれば引き出せる。いや、顔出してると案外楽なこと多いよ。何より「お前の正体突き止めて、本名顔写真ばらまいて~」と言われても別にどうということないし、第一20年近く半匿名な活動をネットでやり続けていたのにもかかわらず、そういう目に遭ったことがない。普通に結婚もしたしな。
 またFACEBOOKのおかげで実は友人からまあまあの仕事を貰っていたりする。ありがたやー、ありがたや。インターネット上に顔が出せる=仕事上の信用にもなるしね。企業によっては義務付けしているようなとこもあるんじゃなかろうか。あとこのサイトを始めるきっかけも実は…この話は、つまらない上に長くなるので(※外山恒一先生調で)。

実は当サイトのアクセス解析は中の人任せです

 実はこのサイトに関しては書いている自分は解析に興味がなく、中の人の報告で「ん、まーこういう記事の方向増やしましょうかー」などと編集会議をやってたりしております。なんで、お客様のIPなど知りようが…あ、ここ掲示板書きこんだらIP出る仕様になってるな。おれのIPも出とるがな。
 しかしここんとこ、ネット上の誹謗中傷で傷害罪や名誉棄損罪の裁判沙汰はかなり増えてしまった。プロレス的な罵り合いも出来ないような嫌な風潮になってきたなあ、と肩身が狭くなってきた匿名掲示板上がりの人も多いのじゃなかろうか。こないだの吉野家コピペの話などまさにそれだ。
 あ、誤解している人がいるかもしれないが、「名誉棄損」という犯罪は相手方の「変えられないような事実を指摘し、心理的・社会的損害を与えた罪」である。「事実を言っただけ、侮辱目的じゃないよ~」と弁明でもしようものなら「はい言質頂きました!略式起訴ー!!」ってことなのである。まあ真面目な話、IPを抜いて個人情報晒すって行為やら炎上案件の「特定しますた」での晒し。これ名誉棄損に当たるので逆に訴えられてしまうカウンターになる。だから正直な本音を言うと「そんな怖い事出来る時代じゃない」
 さらに怖いのは「事実でない場合」は「侮辱罪」という少々の罰金刑が科せられるような軽微罰に処せられるのだが、「名誉棄損」は最悪懲役刑になるのである。さらにいうと、侮辱罪案件じゃね?というような書き込みでも名誉棄損として結審になっているケースもある。…そう、スマイリーキクチさんの例だ。

 このネット書き込み誹謗中傷の訴訟の件できっちり罰金と損害賠償金を絞られた匿名さんたちなんて、身に染みているのではなかろうか…。時代は、変わった。安心してアクセス解析に引っかかってくれ!IPなんてただの数字だよ!気にしないよ!!第一うちのアパートよくブレイカーが落ちるんだけど、落ちるたび変わるし!!

とここまで書いたが、もちろん嫌な話もある

 やっぱね、何年もアクセス解析を見てきて知るんですが、なんか曰くのありげなIPとかってわかっちゃうんですよね…。でもわかったからって何もしないよ!前述のとおり怖いし!!
 
あと海神先生も言ってた「確変モードからの通常への引き戻し」(パチンコやったことないので用法これであってるかな?)。

 へこむんだな、これが…折れ線グラフに棒グラフ。にらめっこをするのは、ネット黎明期も今も何もずーっと変わっていません。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告