【あまり知られていない話】画像掲示板が発掘した名作漫画「孤独のグルメ」

今やテレビ東京の大みそかにも登板した「孤独のグルメ」

 主人公で個人輸入雑貨商を営む井之頭五郎はとにかく飯を食う。独り者の気ままさか、いろんな店に飛び込みで入り、時には大当たりと舌鼓を打ち、時には店員のふてぶてしさに気を悪くし箸を置き、その店長を投げ飛ばし…緻密な料理の描写と、どこか現実の風が流れているような谷口ジローさん(作画担当)の絵。そして原作担当は、食に関するエッセイで「いろんな店に行った話」を書かせれば一流の久住昌之さんの組み合わせ。
 だがこの漫画が売れたきっかけは、インターネットのある場所がきっかけだった。

「孤独のグルメスレ」と「発掘作業」

 管理人が最初に知ったのはふたば☆ちゃんねるのレス画像だった。

 右上のコマは知ってるのに教えないときに。
 下のコマはクソリプを戴いたときにレスとして。
 ともかく使える、これは使えるものが多すぎる。だが、この原典は?
 「これの元ネタは何なんだ?」と盛り上がったのが先か。
 「こんな面白い漫画があるんだよ!絶版だけど!!」と盛り上がったの先なのかはもう双葉掲示板の「ログが早く流れる」「スレの数自体が膨大」の特性上もはや判然としない。ただ「それで爆発的に知ろうとする人が増えた」のは事実である。

 布教スレ「孤独のグルメスレ」により、単行本未収録作品の存在などの情報が追加され。その度に本を持っている人間からの供給で新たなレス画像が多く生まれた。このコマなんて見るだけで「この作品面白そう!」と感じた!
 ふたばと2ch、当時は双方行き来している人ももちろん多い。あっちには直接画像が貼れる、こっちには画像は貼れない、その違いだけで民度はだいたい一緒だ。が、ふたばの「画像が貼れる」という機能は今隆盛を極めている
 「LINEのスタンプによるレス」
 そのものに近い運用として機能をしていた。はっきり言えばとっしー(ふたば民「としあき」の複数称)は先取ってたのである。

 ドラマ化された際原作ではひとコマしか出なかった「滝山」、2度も登場している。

作者の困惑と、第2巻刊行までに到る新作発表に沸くとしあきたち

 原作者の、久住昌之氏がどこまで、このネットでの盛り上がりを把握していたかは知らないのだが。ほっとくわけにはいかない事態に何と「2巻にまとまる程度に」連載が再開されたのだった。

 その後の展開は、久住氏、谷口氏。二人が納得いくように進んだと思っている。
 ドラマ化は恐ろしいほどとしあきたちも納得の人選に。
 そして何より、最初はひっそりとTV東京系で、カルトドラマとしてスタートしたのも、最初に布教を始めたとしあきとしては最高の結果だろう。
 今でも(ふたば民も数は減ってしまったが)としあきたちには好意的に受け止められている孤独のグルメ。FIGMA(可動フィギュア)も漫画版・ドラマ版両方出た。

久住昌之という最高のアマチュアリズムを理解するプロ

 そうなのだ。この作品を生み出したのは原作者・久住昌之氏なのだが、このひとは一貫してプロフェッショナルでありながら
 「アマチュアリズムを大切にするプロ」
 なのである。ガロ出身、エッセイ本は多数出版。でありながらプロとアマの違いとは何ぞや?的な切り口の文章をたまに投げかけてくる。このひとの書いた「小劇団のチラシでわかるプロとアマの仕事の違い」のエッセイは昔読んだ時恐ろしい切り口で刺さってしまった。
 と思いきや、厳しい言葉だけでアマチュアたちに何も投げ込まないような凡百のプロとは違い、自作のドラマ化作品「孤独のグルメ」のサントラは
 「基本的に使用はフリー、事前に許可すれば商用作品でもOK」
 というインディーズにやさしい態度をとっている。このあたりは以前紹介した元たまの石川浩司さんにも通じるものがある。久住さんとはまだ、実際にお会いしたことはないのだけれど。

チョコレートのブログでお世話になりました

 実は夫婦両方とも、孤独のグルメのチョコレートを作らさせていただいている。嫁のお悔みもいただいた。元々俺の方が「泉昌之」(作画・泉晴樹、原作久住昌之のユニット)の漫画コレクターだったので、その縁で夫婦で久住さんのファンだったのだ。「ジジメタル・ジャケット」だけ買いそびれたなあ…その漫画群も実家を離れた際手放してしまった。
 そんな俺たち夫婦みたいな、ネットのアウトサイダーたちの布教によってメジャーに押しあがった、というこの結果は凄く久住さんらしい結果だと思っている。
 嫁が以前孤独のグルメのチョコを作った時のこと。

 おくやみメッセージの方は、たいへん丁重で涙が出た。調べてみたらライブ終わった直後くらいみたいで、悪いことしちゃったかな…。


 これからも応援しています。…ん、これ以上湿っぽい話は

 なお使用した画像の単行本はちゃんと本屋(そういや別々の日だけど、2冊とも同じ書店だな)で買いました。漫●村上等!F●CK!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告