【実証検証!体感しよう!】あのころの「人工無能チャット」を置いてスマホで動くか動作確認してみた!

人工無能チャットは今の時代動くのか?

昔CGIチャットというものがありました。その中でも「人工無能」なる会話式ボットが入ってるものがいくつかフリーで公開されていました。

いやー、芸能通のCGI設置していたら、「あのチャットも置いてみたくならね?」…とふつふつと技術屋魂が火を噴いた。もちろん既存の他人が書いたコードなので解読めっちゃ苦労した。
置いたのがコチラである。

今の時代、ネットはスマホでしか見ない人の方が多いのだぞ

そうなんである。なんで、今回はうちのAndroidで検証した。

おおおおお!!表示できんじゃん!!
なおこの「美凪」さんがbotで、放置するとずっと独り言を言ってくれる。

名前を入れて、ENTERボタンで入室だ。

果たしてスマホ上で会話は出来るか?

このチャットは結構長く使っていて、会話の方も結構出来るように訓練されている。だがスマホだとどうだろうか、いろいろ心配はしたが杞憂であった。
 


一つ残念なのが発言するたびに上の画面にいちいちスワイプしなきゃいけないこと。こればっかはしょうがない。


まあでも会話は成立してるじゃん、すっごーい!

一応配布元は閉鎖はしているが、配布は続いている

配布元はこちら。もう、相当古いサイトの廃墟を見るのも慣れてきました。

多くの古いCGIの場合、言語をSHIFT-JISにしており文字化けが出やすい。
時々、SNSで古いサイトのリンクを貼ると文字化けを起こす現象をよく見かけるでしょ?今回使ったCHATのCGIはこれをベースに自分がカスタマイズしたものなんだけど、やはりヘッダのメタタグの宣言記述はSHIFT-JISだった。実は芸能通のAnsq.cgiのヘッダの宣言はUTF-8にしていて問題なく動いたんだが、こっちだとヘッダをいじるだけで原因不明の500エラーが!!
CGI扱ってると身の毛もよだつ500エラー!!
なものでもうそのまんまにしてあります。

早速PCで見直してみたけど、もうクッキーの名前が文字化けしてる…
暇な時、是非会話してみてください。よい暇つぶしになりますよ!!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告