【小次郎も昇天しよう】史上最大最強トーナメント紙相撲、組み合わせ決定!そして1回戦結果

カツ…カツ…カツ…「アンタなら来てくれると思ったよ」…じゃねえよ!なんなんだ、なんなんだあの4年間はッ!!と荒れ狂うバキマニア!!しかしここでふと思い出す。「私のソウルジェムを濁らせたのは、もはや呪いなんてものじゃなかった。希望よりも熱く、情熱よりも深いもの…愛よ」(「魔法少女まどか☆マギカ」暁美ほむら)。最愛の現場というのは、時として滑稽で、途方もないバカげた結末をもたらすものである。思えば史実でヒトラーもエヴァ・ブラウンと刹那的な無理心中をしたものであった。そんなわけで先週の続きで紙相撲最強トーナメントの結果を発表します。やったのは13年前です。バカですね~!!

記事を読む

【武蔵昇天記念】昔管理人がネットラジオで繰り広げた「史上最大トーナメント・紙相撲編」

武蔵も昇天ッ!!おそらくなんだけど、これ「俺が昔やった企画なんですよね」ってまだ中の人には伝えてないので絶対リアル編集会議(この更新の二日後)で、「ジマさん!!あなた本物の馬鹿でしょ!!」って言われるの間違いなしなんだよね。そういうわけで昨日の引き通り、もう13年前くらい前に行われた「地上最大最強トーナメント(紙相撲編)」の様子をお送りします。…選手入場だけで一更新終わってしまう伝統美!!あんた最高だァ!!

記事を読む

【武蔵昇天ッ…じゃねえよ記念】バキ総合サイト『血まみれ屋敷』を懐かしむ

「グラップラー刃牙」、いや今は「刃牙道」。先週の見た!?見てないなら見ろ!!絶対に見ろ!!漫画史に残る「あっけにとられる決着」。というわけで今日はバキのサイトです。有無を言わせません。ファンサイト最高峰はinfoweb閉鎖騒動で絶賛消滅…。もし、ここが生き残っていたらスンゲー盛り上がったろうな、宮本武蔵が…宮本武蔵が!!管理人「板垣先生最高だァ!!」みんな「え~~~~~~~~ッ!?」…んッ、投げ~~~~~ッ!!

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【ガチの生き残りサイト】「探偵ファイル」、今でもがっちり生き残るその行動力

強い!ブレない!!需要がある!!!三つを兼ね揃え、Web技術の革新の波もなんのその。今もバリバリ現役のサイト「探偵ファイル」。実業とエンタメ性がきっちり噛み合ったら、こういうことになるのだという見本のようなサイトだからこそ、長続きして当然。というわけで欠点は「そういや当たり前にありすぎて紹介してなかった」(ズコー)なくらい。「懐かしサイト」と思う人もいると言ったら若い子は驚くかもしれないなあ。さて、探偵さんやってこないかな…。

記事を読む

【今月もお蔵出ししよう】管理人の画像フォルダが火を噴くとき(3月編)

HDDの画像ファイルの整理って、整頓派?ぐちゃぐちゃ派?ちなみにわたくしめは後者です。絶賛後者ですとも、ええ。現実の掃除が出来ない人はパソコンの中身も整頓できないもんです、ぐぬぬ。さて今月も画像お蔵だし。まだまだまだまだ古い画像で「何でこれ保存したんだ…」っての多いんだよな、本当に…。まあ、元コラあきだからしょうがないか!!

記事を読む

【知っているのか雷電】ニュース見出しが産んだ壮大なインターネットジョーク「アフガン航空相撲」

アフガン航空相撲…いったいどんなものなんだ!!…とはいえさー、「魁!男塾」のヘビー読者だったら間違いなく「敵方のなんか憎めない敵役が使う技で、味方になっても3週くらいで善戦して死ぬ」…よしよし、それでこそ訓練されたよいインターネット老人である。というわけでネットの見出しが誤解を産んで壮大な嘘にでっち上げられたあの頃のネットの熱量って、本当に凄かったよね。そんな話。いや本当、今の若造元気がないぞ!!心配なレベルで!!実はそういう「シラケ世代」が今の50代なのよね…。空気も近いのよ。心配なのよ。

記事を読む

【お疲れ様でした】早すぎたSNS?「ご近所さんを探せ!」サービス終了!!

そういやネット黎明期にあった!!「近所の人探したり、不用品交換し合ったりするのに便利なサイトあるよ?」って!タイトルもまんま「ご近所さんを探せ!」で、今考えればこれ、ソーシャル・ネットワーキングサービスの草分け。あの頃はまだ「ジオシティーズコミュニティ」も現役やったなあ…。懐かしい。本当に何もかもが懐かしくて死ねる。…え?現役だったの!?今年閉鎖のお知らせだって、ウッソ!!

記事を読む

【ライターさんお疲れ様です】誤植で「ブルガリア!」と呼ばれた杉内、あの頃君は若かった

誤植。雑誌時代から、おもしろ誤植というのは話題にされネタになったものである。「くおーぶつかる!ここでインド人を右に!」「ザンギュラのスーパーウリアッ上」「リュウのジャンプ大パチン」「確かみてみろ!」…全部ある雑誌の誤植ネタだけど、わかる人はインターネット老人じゃなくてゲーム老人です。ダイエー(ソフトバンク)→巨人に所属し142勝を挙げた杉内投手、とんだ誤植のとばっちり…ライティングって大変な仕事なんだなあ…。実は一度筆者は派遣社員時代に某社にこのライティング業で面接行って落ちました。あの時はCADしか経歴なかったからな~。

記事を読む

【今月も頼んでみた】「お父さんのための芸能通クイズ」だより(3月編)

新人さん…「お父さんのための芸能通クイズ」では活きのいい新人さんを募集しています…。「カビの生えた大喜利サイトか、ケッ!」こっちからしたら「おやおやお若いのに何事にも斜に構えたのが板についてますねえ、その口で10年後同じセリフが言えますやら…」老人と若造の喧嘩はいつもどの時代もずっと平行線なのです。時間がたてば、若造も老人になるのですから…。今月も馬鹿みたいに盛り上がってます。いつだって新人募集!!ヘイユウブルース、笑い死ぬかと思った…。

記事を読む

【昔のパソコンは】インターネットにつなぐだけの大苦闘【大変だった】

♪ユメを語る~言葉より~夢を語る歌にしよう~そんなわけで偉人・国木田花丸さんも尊敬する弘法大師空海の情報もいっぱい詰まっている知識の海・インターネット。接続するのに一苦労した、あの頃の時間を返してくれよと嘆くインターネット老人たち。苦労した人は「うわ~懐かし~!」で、そうじゃない人は最後の章の5行だけを読んでくれ!!2000文字近く書いておいて、結構割と最後の5行で要約してある気がする…。

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル大広告