【やっぱり確信犯】愛の妖精ぷりんてぃん・ぷりんは相変わらず見にくくても健在!(前篇)

愛の妖精ぷりんてぃん・ぷりん

 「こいつは、ガチでヤバイ案件だ…」
 衝撃のデビューからもう18年がたった。確か情報ポータルサイトとしての「ちゆ12歳」(※ここはバレンタインデーに紹介します。お約束!!)経由で知ったのではなかろうか?
 間違いなく、自己承認欲求のタガが外れた案件だと俺はずっと思っていた。…が!!この人、続く、続く!!

 まず現在のトップページは衝撃の移転宣言!!

まず毎日更新だった姫の有難いお言葉を聴くのだ

 どうやら毎日更新の有難い声は1/29が最新で、今は不定期のようだ。

 不幸にもぷりんてぃん初心者の方、いいか、よく聞け。
 「俺はなんでこんなものを聴いているのだろう…」
 とか!絶対に突っ込んではいけない!!この世界には「生暖かい目」という優しいファンタジーが必要なんだ!!この人は、本気で愛の妖精をやっている人なんだぞ!!失礼だろうがッ!!

 日記は今執筆してる前日が更新日だったよ!!現役!!やったねたえちゃん!!

「検索してはいけない」と開き直る姿勢

 サイト中にもあるように「検索してはいけない存在」「アイタタな案件」であることは自負しているようである。「2007年東京都知事選挙」にて「政府転覆を!」というインパクト抜群の政見放送をした外山恒一氏が先日自著「よいテロリストのための教科書」を出版した際

「政府転覆」を叫ぶ過激な政見放送が黎明期のYouTubeで人気を集めて一気に知名度を高めるが、単なるキワモノ扱いも招いて以後ますます苦労している。

 と著者紹介で述べている。ネットでキワモノ扱いのレッテルが貼られたら現実では苦労するものなのだが、彼女はどうやら一貫してキワモノとして開き乗る姿勢でこの18年を乗り切っているスタイルを通しているようだ。

アルパインスタイルでのヒマラヤ登山並みに困難を極める執筆作業

 「突っ込んでは野暮である」を何回繰り返せばいいのか?
 ここで引き返そう、と俺は思ったのだが。押してしまったのである、禁断のボタンを…

 そう!!押してしまったからには仕方ない、まさかの後篇に続く!!というか続かせてくれ!!誰かストロングゼロもってこい!!

認定サイト名
愛の妖精ぷりんてぃん・ぷりん
http://www.takamagahara.com/printin/#mm_diary01
スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告