【新プロジェクトも見にくさ満点】愛の妖精ぷりんてぃん・ぷりん様は本物の妖精なのではなかろうか?(後編)

禁断のボタン「続きを読む」

 昨日の記事の続きである。

 「続きを読む」を押すと…

 「な、なんじゃ~!!」「うろたえるな富樫!!」俺の心の中の男塾の富樫と虎丸が叫んでいる。
 引き返しますか?→はい
          いいえ
 しまったことに「はい」をポプテピピック1話のように選んでしまった

スクリーンショットを取るだけで体力を消耗するサイト


 極地法でヒマラヤ登山している気分になった。酸素が、酸素が薄い!!
 「突っ込むのは野暮である」にも程があるとはいえ、このサイトを読了するには真面目な話体力がいる。まずこの世界観を了承することだけでもかなりの精神力が要求される。こんなもの一日じゃ紹介しきれねえよ!!

 ちょっと冷静になろう。正直な話なのだがこのサイト、どこまでが確信犯なのか。どこまでが素なのか。実態は本当につかみどころがなくなってしまっている。LINEスタンプも売ってるし、前編でも述べたとおり「インターネットの名物痛いキャラ」をある程度演じてやっている節も見受けられる。久しぶりに見たらいきなり登場している謎の新キャラ「ゆかちぃ」の存在を見ると、完全には尻尾を掴ませてくれない妙なしたたかさを感じるのだ。

原色で頭が痛くなってきたのでここら辺で終わります


 もうこの辺で帰っていいですか…
 画像の右端を目を凝らしてよーく見て欲しい。
 右端だ。そう、スクロールバーというやつだ。

 俺が読んだのは、全記事の何分の1なんだよ!!
 これ以上の登山は危険!!帰ります!!

認定サイト名
たかまがはらネットランド
http://www.takamagahara.com/
スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告