【金隆山も昇天】史上最大最強トーナメント(紙相撲編)2回戦~決勝まで!!はたして優勝は?

驚愕の決勝まで一気に駆け抜けるぞ!!

 トップ画像は実際に使ったコマ用の画像。没になった「アクが強いから」という阿藤海、「100人乗っても大丈夫だから」ヨド物置などが写っている。
 なお大マジでガチンコでやった成果、「どんなにいかんともしがたい結果が出ても受け入れよう」という雰囲気になったのは12年後明かす真実である。では行ってみよう!!

【二回戦第一試合】


 菌類の力…まさかこれほどまでとはッ!人類ばかりのAブロックを制したァ!
 勝者:いっぽんしめじ!!

【二回戦第二試合】

 
 何が起きているのかわからないッ!恐るべしカノン進行創設者の力ッ!
 勝者:バッハ!!

【二回戦第三試合】


 最強伝説破れたりッ!!ミクロからの刺客がCブロックを制したァ!!
 勝者:スギ花粉!!

【二回戦第四試合】


 将軍徳川家の御威光を、除菌効果で洗い落としてのけたァ!!
 勝者:ジョイ!!

【二回戦第五試合】


 
無敗伝説未だ破れず!恐るべきはその雀力!中国拳法をもはねのけたーッ!
 勝者:桜井章一!!

【二回戦第六試合】

 
 
ナベツネ不覚ッ!まさか牛が…これほどまでに強いとはッ!!
 勝者:うし!!

【二回戦第七試合】


 ガチャピンも歯が立たずッ!!力押しでアメリカ海兵隊の勝利だーッ!
 勝者:アメリカ海兵隊(全員)!!

【二回戦第八試合】


 ついにッ…!オリンピックを制する者の強さを知らしめたッ!!ゴルゴ破れるッ!!
 勝者:ヒロシ!!

 …さて2回戦の試合結果だが、残念ながらゴルゴが敗退してしまった。仕方がないよね、無意味にガチでやってるから。しかし桜井章一本当に強い。あと、いっぽんしめじの毒性は実は全毒キノコの中ではそんなに強くないことが判明。それでベスト8かよ…!というわけでベスト8の組み合わせは

 こう決まった。「スギ花粉VSジョイ」、「アメリカ海兵隊(全員)VSヒロシ」とか、現実に実現したら胸アツな組み合わせ過ぎる。いっぽんしめじは初の外国人との組み合わせ。果たして毒は通用するのか・・?

準々決勝スタートだァッ!!

【準々決勝第一試合】


 ついに…作曲における対位法の力をもって人類が菌類に打ち勝ったァ!!
 勝者:バッハ!!

【準々決勝第二試合】

 
 瞬殺!!恐るべしはその泡立ち効果ッ!!ミクロからの刺客、ここに敗れ去ったァ!!
 勝者:ジョイ!!

【準々決勝第三試合】


 ついに無敗伝説が敗れたァ!誰かこの暴れ牛を止めるものはいないのかッ!
 勝者:うし!!

【準々決勝第四試合】


 …んッ、誰がこの結末を予想したでしょうかッ!ヒロシ、アメリカ海兵隊を打ち破ったァ!
 勝者:ヒロシ!!

 全く想像だにしていなかった「ヒロシの勝利」。まあしかし「油汚れに強い」というだけでノミネートしたジョイがベスト4まで勝ち上がっただけでもこのトーナメントはマジでやってよかったと思ったよ、当時は。
   
 ここまで勝ち上がった戦士たち、いずれも最強を名乗っても劣らぬ精鋭ばかりだ!!
 さあ次は準決勝!!

驚天動地の準決勝ッ!!

【準決勝第一試合】


 チャレンジジョイの試練は伊達じゃなかッたァァ!、ついに音楽の父敗れる!!
 勝者:ジョイ!!

【準決勝第二試合】

 
 いつも漫画ではやられ役の鬱憤を晴らす時が来たァァ!うし、堂々決勝進出!
 勝者:うし!!

 というわけで、人類全滅。決勝は「油汚れに強い」VS「いつもは殺される役に奮起の機会を」という理由でノミネートした二人(?)の戦いとなった!!

ついに決勝…その日アクシデントが!!

 これ、ネットラジオでやってたんだけどさー、肝心の決勝の日に収録場所に紙相撲のコマを忘れちゃって(苦笑)!!
 冷蔵庫をのぞいたらなんとそこそこ立てそうな凍った牛肉の塊と、そして流し台にはジョイが鎮座していた…
 「よし!これで決着だ!!」
 もう、アホかと思った。確か5分くらいかかったと思う、両方とも倒れるような形状じゃないしさー、どっちかが土俵の外に出るのを待つしかなかったし、牛肉は溶け始めるしでさー…しかし…

【決勝試合】


 牛肉が土俵の外に…転がり落ちたァァァーーーーーッッッ!!!

 選ばれし32名の戦士たち…




 

 その頂点に立つものが、決まった…ッッッ!!!

勝者:ジョイ!!
「俺…もっと強くなります…」

戦績を振り返り

 「油汚れに対する強さ」は「物理的な力」「フィジカル」「富」「権力」「数による暴力」などのあらゆる強さをはねのけたのであった。ジョイ、優勝おめでとう。あれから我が家の台所洗剤はジョイ一択だ。
 想像をはるかに超えた戦績を残したのがベスト4に残った「ヒロシ」。12年前は一発屋としてテレビにもほとんど出ていなかった頃だ。きっとこの激闘の疲労が元なのだろう。説明ずーっと忘れてたけど「笑いの金メダル」というのはヒロシがブレイクするきっかけの一つになった番組のタイトルだ。なお実はこの企画、第2回もやったのだ。なんとそこでもジョイが…!!

 最後に。戦績につきましてはデータを残していただいていた飛宮神子さん大大大感謝です。アイコンのスポントさんともども、本当に、ありがとうございましたァッ!!アリガトォッ!!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告