【飯がうまいよ!!】インターネット老人会ギルドのある街・福岡市民の3%は…【誤解を解こう】

管理人さんと中の人は福岡市近郊在住である

 インターネットミームで「福岡」「博多」と言えば
 「修羅の国」
 と呼ばれる、銃弾や手りゅう弾がそこらじゅうに落ちてる日本のデトロイト・メタル・シティだ。だがまあ多少柄こそ悪いとは自負するが、そんなことはない!!多少は事件とか多いけど!!と今回はテレビアニメ「博多豚骨ラーメンズ」のおかげで「市民の3%が殺し屋」という正解…いや汚名を返上するためにもちょっとこのサイトのコンセプトから逸脱しない範囲で紹介をしてみようじゃないか。

いつから「修羅の国」と呼ばれるようになったのか?

 一応一通り調べた。
 ネット黎明期はちょうど、北九州市でかなり派手な騒ぎが起きている。
 …とまあ、調べてみたがとてもじゃないがうちみたいな健全なブログに書ける代物じゃない案件が多数出てきた。真面目な話、非合法組織(※柔らかい表現)によるドンパチの歴史は折り重なっており、死傷者の数も多数。地方紙「西日本新聞」でしか取り扱ってないのに凄惨な事件などもかなり埋もれている。ただ昔ほどの事態は少なくなったのは事実だ。

 しかし「修羅の国」というのはどんな国なのか、原典「北斗の拳」を詳しく思い出せるものは意外と少ないのではなかろうか?原作でもかなり末期。あまりのめまぐるしい展開の速さに武論尊先生も原哲夫先生もへとへとだったと後日漏らしていた時期だ。実際読んでみると修羅の国編、意外と治安がいい。男が殺し合うこと以外は。
 北斗の拳でおそらく最高に治安の悪かったのは(※個人的感想として)ラオウによる統治時代と推測される。各地の群雄に統治権を放置して無政府状態という現代のソマリアのような状況だ。…旅行記や報道がいくつか拾えるが、首都モガディシュは住民による自営的自治がはたらいておりネットも通じるし、案外平和なんだそうだ。まあ確かにアミバを発見するに至った酒場では、それなりの賑わいを見せた街が栄えてた。

実のところ福岡市民の3%は…

 できるだけ非合法組織の話は抜きの方向で、まあ本当に福岡市民の3%くらいはマジでそうだという話をしてみようと思う。福岡市民の3%は…。
 「美味い福岡市内(もしくは周辺)の中華そばの店を知っている」
 えーーーーっ!わざわざ博多来てとんこつラーメン以外のもの食うなんて!!とか、その辺の人言わない!!これは…ガチの話である。「とんこつ食い飽きた」という客層の支持を猛烈に浴び、「中華そばの店出したらいつの間にか老舗になった」という店がすでにこの20年で何軒か出来ている。
 ただ、知っている人はラーメンマニアにしかあまりいない。看板に「中華そば」と書かれている時点で福岡市民にとっては正直「大冒険」だからである。
 思えばドラマや漫画に出てくるラーメンといえば、醤油スープにメンマとなるとが乗っかってるやつだ。しかし福岡ではどんな小さな町でもちっこいラーメン屋があるもので、それらの店で出されるのは当然とんこつラーメンである。

 長浜系(極細麺、紅ショウガ系)、博龍軒系(平打ち麺、超濃厚系)、久留米系(少し麺が太い、スープの底にざらざらが残る)、博多系(久留米程ではないがやや太め、店によっては澄んだスープのときも)などタイプは様々だ。福岡で生まれ育った子供のころは「お店で出てくる醤油ラーメン」自体、フィクションの世界にしか存在しないラーメンだったのだ。

 わざわざいろんな店に行って取材交渉するのもなんなので(※管理人はものぐさなのである)、同窓生が切り盛りしている店がたまたまあるのでそこを紹介するとしよう。ここは外れがない。JR博多駅の新幹線口に鎮座する、博多麺街道に支店がある「月や」である。

 せっかく博多に来たのに「ラーメンは好きだけどとんこつはダメ」というラーメン好きの方には是非お勧めしたい。九州の醤油は甘いのだが、その甘みを生かした中華そばになっている。他にも趣向を凝らした中華そば店が何軒か存在する。じゃないと、福岡では生き残れない。まあ3%は殺し屋だからな…。必殺シリーズの再放送やたらしてたしな。

あらためて「修羅の国」と呼ばれるようになった由来

 何かあるとおっかないので、地元の人は書けません。ごめんなさい。
 特に管理人さんはこんなこと人生であるかって話なんですけど福岡のある警察署のいわゆるマル暴の部屋に行ったことがあります。いやあ、自分たちが何かしたわけじゃないんですけどね…なんか刑事ドラマのイメージ通りの部屋でした(!)。あの件、後に円満に解決して本当によかったよかった…。
 そこ、「やっぱ修羅の国じゃん」とか言わない!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告