【番組コーナー自体が危機】空耳アワーのファンサイトがガチで凄い件

はっはっはっはっは、そう言われてみるといい番組ですね

昨日更新分の冒頭の
「はてな!ウソ!ダイアリー閉鎖へ!ブログにするかね?はてな!」
の部分を嫁(新)に見せたら
「誰にもわからない見出し」
と冷静なツッコミをされました。元ネタ、誰もわからんだろうなあ…空耳アワーです。
テレビなんて見ないっ子に一からちゃんと説明すると、

まあこういう番組がありまして、その中に「外国語の歌が日本語に聞こえる部分を、その状況のようなドラマ再現映像とともに流したらよりその日本語っぽく聞こえないだろうか?」というコンセプトのコーナー。タモリさん、安斎肇氏が「聞こえる!!」と言うと評価が高くなるシステム。かれこれ30年近い歴史があり、名作のいくつかはネットスラングに輸入されたり、落ちのキャプチャー画像をレスでスタンプ代わりに使われたり。また…なんというか、空耳アワーでGoogle検索するともうね、わかるかと。

母さんが言う「こういうページは変だ」と→ならできないじゃない!!

さてインターネット黎明期位からこのサイト「空耳アワーアップデート」(サイトはコチラ!)があるのは知っていたが、正直昔の体で今も続いているとはちょっと予想を超えていた。

テーブルタグ打ちのレイアウト、美しい。

MSゴシックのナビ画像アイコンなんてもう感動的である。CSSでわざわざ画像にしなくても作れちゃう時代に!!明智氏もナビ出来るだろう。えり子も左に行く。

このサイト、内容が膨大過ぎる。冒頭で書いた見出しの元ネタに関しても事細かく書かれている。

もしこのサイトの完全レスポンシブ化・CSS化(※などという怪しげな呪文の類)などを行った場合の話だが、

こんな風に廃止タグ警察が追いかけてくるようなFRAMEのページをまたどうするかとか、いちいち考えるのはどうしてもぞっとしてしまう案件であるし、またこのサイトに関しては個人サイトだ。
「楽しくて素人が始めた」
案件である。証拠に広告なんて何も入ってない。フッ、ダマされた。めっちゃそっけねぇ!
このサイトは今時に改修なんて、「ならできないじゃない!!」でいいのだ。

今時ティーカップ掲示板があるサイトだぞ!!これは、これでいいのだよ。ありがとう、タモリさーん!

公式がついにIT化(!)どうもありがとうなのだ

ところで実はその空耳アワーに存続の危機がという話があり、ネットニュースにもなりました。

実は投稿数自体が減っている、洋楽離れひいては音楽離れ、ま時代による淘汰的なものはあると思うのですが、番組自体は幅広い世代に熱狂的なファンがいますし、実際このニュースで初めてこの番組を知ってゲラゲラ笑ってる若い世代もいるんじゃないでしょうか。

なんと公式サイトにも動きがあり、以前ははがきのみの受付であったこの番組への投稿がなんとメールでもできるようになりました。

私が~好きなタモリ倶楽部で~IT化した~っぽ~い!!
なお、このニュース後12月末、2週にわたりコーナーなしの週があり、すわ本当にコーナー廃止か!?ウソ!撮られないかね?という空耳ファンたちの声をよそに!

なんと出演者からの存続のお知らせが出るという!!さて、いつまで続くだろう。サイトの方も続いてほしい、そして土曜日にはめんたいを食べ続けて欲しい。水煮!うめえ!もう一度!好きだ!!

認定サイト名
空耳アワーアップデート
http://www7a.biglobe.ne.jp/~soramimiupdate/
スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告