【お待たせしました】バーチャルネットアイドル「ちゆ12才」は果たして今年更新されるのか?

まとめサイトの先駆けにして嚆矢!!

 バレンタインデーと言えば?インターネット老人だと即座に
 「ちゆ12歳の誕生日!!」
 ん、そうでしょうそうでしょう、全国30万人くらいの声が聞こえてきます(※いやにリアルな実数だなおい)。
 Web1.0世代の生き残り、まとめサイトのはしりと言われたこのサイト、長らく更新されずに2年して去年突然の復活!!

 …とはいえ、誕生日の告知のみにとどまったものの…。

 よくみるとSNSボタンが!!

 あー、やっぱり最近のサイト風に対策練っているのね…。

 しかし鼻田香作は応援しています。

過去ログを詠めば「あの当時」がわかる

 このサイトは、基本的に
 ・当時流行ってる漫画の考察
 ・面白サイトや事象の発掘
 ・斜めから見た世相
 ・最後に一言、「ネットアイドルちゆは~を応援しています。」
 登場したのは2001年。やはり平成13年の日記を見るといろいろ懐かしさがこみ上げます。

 このサイトはもともと「玄人の余技」であったことは想像に難くありません。
 このポータルサイトでは最初のうちに「メガトロンVインターナショナル」(コチラ)を紹介しましたが、ちゆ12才もあのサイトもその当時のネット技術の最先端なんですよ。プログラミング的にどうこうは後、デザインの方の比重が強かった時代です。
 ちゆ12歳予言ってのもあるんですが、これ今読むとめっちゃHUNTER×HUNTER。当時あのマンガ読んでなかったんで全然気づかなかった。いやー、自分の好きなものを目いっぱい詰め込んだサイトなんだなあと感心します。きっと本業はむっちゃ息づまる案件ばかりだったのでしょう。

そういえばそうだった魔の「2013年」

 思えば、自分が2001年から続けていた芸能通クイズを休止したのは2012~3年ごろ。ちゆの方も13年が最後で、その後はとぎれとぎれです。
 2つという母数で判断するのはいかがなものかと思うのですが、自分がそうだったというのを踏まえて書くと、2011年の東日本大震災で思うところがあったなあ、個人サイトの限界を思い知った、というのがありました。
 正直、この時期はSNSで情報を仕入れたり、無事に安堵したり、逆に非情なニュースを知ったり。
 あの情報の錯綜と混乱の中で、正直大手SNSや大手まとめブログたちに勝てるわけがない!!勝てたのは虚構新聞と山本一郎くらいじゃないだろうか?

 今や使う側が陳腐化してしまったネットミーム「ネット右翼」も2008年に扱っている。思えばその後の震災前後2年くらいというのはSNSで政治話を真面目に論じるのがネットのトレンドであった。ふざけてる場合じゃなかったし、そうしていればいたく消耗をしたのを覚えている。

 このサイトも一度、2014/4、「卒業宣言」をしてまあとても健全じゃない情報を流すサイトに一度は生まれ変わり宣言しているのですが、トップページもリニューアルしてるわけじゃないし、なんか気持ちはわかる気がするんです。本気で生まれ変わるつもりだったのなら、トップページごと変えている訳じゃないしね。いや、それどころか、サイトをまるまる消しちゃう方が楽なはずだ。
 世の中には、それが出来る人と、出来ない人がいるんだ。アタシもそうだ。

 誕生日だけには更新を続けているこのサイト。作者の「愛着」が感じられるんですよ。記事はまるっと残しているし。
 ここで知った漫画はいくつあったろう?ここで知った面白サイトはいくつあったろう?

さて今年もバレンタインデーの日です

 さて!!更新予約をして書いています。

 んー、キバヤシにかけて更新されるに10ペリカ!!インターネット老人会ポータルサイトは、ちゆ12才を応援しています。

さて、なーんと予言成就達成!

ふはは、第五の力だよ!!

認定サイト名
バーチャルネットアイドル・ちゆ12才
http://tiyu.to/
スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

facebookページにも「いいね!」をお願いします
この記事をお届けした
インターネット老人会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告